5,000円以上のご注文で送料無料

バタフライボードのおススメ「スキャンアプリ」

Posted by BUTTERFLYBOARD on

お客様からお問い合わせを多くいただいているスキャンアプリについて、私なりの使い方をご紹介いたします。

私が実際に使ってプロジェクトページで紹介している3つのアプリについての得手不得手をまとめました。

① iPhone標準のメモ

これは意外と知られていないのですが、iOS11以降からスキャン機能が実装されており、普段このiPhone標準メモを使っている方にはおススメです。

<使いやすい点>
・とにかくアプリが安定しているので、フリーズせずスムーズに使える
・テキストメモにスキャンデータや写真や動画などをまとめて保存ができる
・できる機能が少ないので迷うことなく直感で使える

<使いにくい点>
・iPhoneでしか使えない
・エッジ認識が少し弱い
・撮影までのステップが多い(APP→新規メモ→カメラ→書類をスキャン→撮影)


② OfficeLens

Microsoft社が開発した無料スキャンアプリで、iOSとAndroid版が両方リリースされています。私がメインで利用してるスキャンアプリです。

<使いやすい点>
・エッジ認識レベルと台形補正が優秀
・オフィス系APPとの連携がスムーズ(高精度のOCR機能はありますが、私の殴り書きは読めませんでした。。)
・スキャン解像度を撮影前でも後でも選択ができる

<使いにくい点>
・連続スキャンができない
・たまにアップロードできない時がある(電波環境など影響かもしれません。。)
・「OneNote」や「OneDrive」を使う際はマイクロソフトのアカウントが必要

③ Scanable

Evernoteが提供する無料スキャンアプリでiOSとAndroid版が両方リリースされています。Evernoteユーザーや連続撮影をする方にはおススメ。

<使いやすい点>
・認識スピードが速い
・連続撮影がしやすい
・スキャンしたデータをスマホ上で順番の入れ替えがしやすい

<使いにくい点>
・手動スキャンでは使いにくい(エッジ認識線がでない)
・高機能がゆえに操作に悩む時がある
・EvernoteやScanSnapのアイコンが出てくる


といった感想ですが、これ以外にもたくさんスキャンアプリはあり、どれもすごく精度高くスキャンができるので、使う環境や目的でお試しいただければと思います。

私自身は普段のメモやTODO、計算、資料作成のたたき台やアイデアのポンチ絵などにバタフライボードnotesXを使っています。筆記面は6枚で12ページあるので、すぐにすべてをスキャンしてデータ化するのではなく、1週間消すことができないページのみをデータ化するようにして、後でパソコンで俯瞰して利用しています。

書いて消して残すことがルーチン化してくると、頭の中もデスク周りもすっきりして気持ちに余裕ができるようになった気がします。

← Older Post